2015 F.House

畳室のある家
リビングの一角に間仕切り戸で区画できる畳室を設けました。小上がりとなっているため、下部のデッドスペースを引出しに使用しました。また、リビングからアクセスできる階段には、冷暖房のロスを軽減するために、上り口に引戸を設置しました。私たち阿波の名匠狠飜邨築瓩手掛けさせていただく魅力一杯の注文住宅。心を込め最新の技術と伝統の技を織り込んだシゴトぶりを、写真を通してご確認いただければと思います。本コーナーが、家づくりのお役に立てば幸いです。お気軽に阿波の名匠狠飜邨築 (電話0883-35-3718)まで、ご相談ください。